格安スマートフォンのメリット・デメリット

急激に普及しているスマートフォンですが、スマホ端末代金の高額や毎月の電話料金などでお悩みの方もいるでしょう。格安スマホは、大手携帯電話会社のスマートフォンよりも、安く購入することができるので注目されています。

格安スマホと格安SIM

格安スマホは、ドコモやau・ソフトバンクなどの大手携帯キャリアよりも購入でき利用することができます。格安スマホは格安SIMと組み合わせて販売されています。格安スマートフォンは、MVNO(仮想移動体通信事業者)を利用することで可能になります。

格安スマホの最大のメリットは、スマートフォン端末代金と月額料金を合わせても、毎月3,000円程度から利用することができるので、格安スマホが人気になっているのです。大手キャリアも低価格の料金プランを提供していますが、条件などがあるので厳しいです。

格安スマホのメリット

格安スマホは、大手携帯電話会社のスマホ料金と比較しても、大幅に安く抑えることができます。スマートフォンの利用状況により個人で違いもありますが、毎月の利用料金が1万円程度掛かるかたもいるでしょう。スマホの月額利用料金の平均が、MM総研によりますと6,300程度だそうです。

格安スマホでは、月額3,000程度と平均より半額で利用することが可能になります。スマートフォンの利用が、ラインやメール程度の使用しかされないかたには最適だともいえます。格安スマホは大手企業などが参入しており、利用者も増えているのです。

格安スマホのデメリット

格安スマホには、メリットだけでなく注意しなければいけない点もあります。

大手キャリアメールが使えなくなります。格安スマホにのりかえると、@docomo.ne.jp、@ezweb.ne.jp、@softbank.ne.jpなどのメールが利用できなくなります。UQモバイルやyモバイルなどは、独自のメールがあります。

大手携帯電話会社とは違い、ショップや店舗が極端に少ないことです。楽天モバイルやUQモバイルは、大手電機店などに併設されていますが数は多くありません。そのため、メールや電話での相談になります。

格安スマホを利用される方が増えているなか、サポート体制も改善されているのも間違いありません。

格安スマホを検討されている人は、格安スマホのメリットとデメリットを確認しておくことも大切になります。